以前の焦げ付きが災い!10年経っても借りれない

もうだいぶ前のことですが、大手銀行のカードローンと流通系のクレジットカードで返済が滞り、そのまま焦げ付かせてしまったことがあります。

そのうち大手銀行からは訴えられました。裁判所かなにかの人が家まで来ましたが、差し押さえるものがないので銀行と話し合ってくださいといわれました。話し合っても返せる当てがないので仕方がありません。いうなれば踏み倒しです。両方合わせて300万円ほど払っていません。

それでカードと名の付くものでクレジット機能のあるものは一枚も持っていない状態が長く続き、さすがに不便なのでそろそろまた欲しいなと思い調べてみると、JR系なら審査が緩いので簡単に通るという情報がありましたので申し込んでみたのです。

ただいくら審査が緩いといっても、以前焦げ付いている場合一定条件はあるそうです。

まず最後の借り入れから7年以上経過していること、その後一切の与信チェックを受けていないこと、最低この2点はクリアしていないとJRでも駄目だそうです。

私の場合最後の借り入れは10年以上前ですし、その後カードの申請をしていないのでもう大丈夫だろうと思い、満を持して再生を図る意味でも申し込んだのですが結果は否認でした。

やはり一度焦げ付きを起こしてしまうと、なかなか審査は通してもらえないみたいです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ