借り換えのためカードローンに申し込んだけど

三菱東京UFJ銀行は私の使用しているメインバンクであった為、借換用にカードローンの申し込みを行いました。
また、銀行であれば総量規制の対象外なので、既に年収の3分の1を別で借りていた私は、
少しでも金利を下げたい一心で、チャレンジしてみました。

結果は、NGです。やはり既に借りている額が大きかった事が、ボトルネックになったようです。
銀行カードローンは総量規制外であっても、年収の3分の1は、貸出し基準の目安になるとの事でした。

更にNGだった要因としては、半年の間に別のローンの申し込みを数件行っていたことです。
審査の結果に関わらず、申し込みした履歴は半年間、個人情報登録機関に保持されます。
半年という期間は短期間と見られるようで、何度も申し込みをしている場合は、お金に困っていると
判断され、審査のスコアは低くなってしまいます。

1社申し込んで、駄目なら最低半年は期間をあけ、その期間中に少しでも返済しておくのが、審査通過の
大きなポイントとなりそうです。

また、銀行カードローンは収入証明不要と宣伝されていますが、場合によっては提出を求められます。
サラリーマンであれば、源泉徴収の提出となりますが、前回の審査時に申告した年収よりUPしていれば、
より審査も通り易くなると思いました。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ