カードローンの審査に落ちる原因は3つある

カードローンや消費者金融の審査に落ちる原因は主に3つです。

・収入源や資産がない。
・過去の借入に問題がある。
・応対の仕方がマズイ。

それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

収入源や資産がない

やはりキャッシングの審査に落ちる原因の1位は、
返済能力の欠如です。

無職やそれに近い状態では融資など当然受けられません。
専業主婦などもNGの場合も多いです。

たとえアルバイトでも定期的な収入が見込めるなら貸してくれるところもあります。

定期的な収入というのが審査の基本になります。
勤め先の信頼性や勤続年数を見られます。

賃貸住まいか持ち家かでも違います。
独身と既婚者でも信用度が違います。
その他では家に固定電話があったりすると、
少しポイントがアップするようです。

過去の借入に問題がある

これまでの取引状況も審査の大きな材料です。

収入の1/3までという総量規制はもちろん厳格にチェックされます。
どんなに大きな豪邸を所有していても、
この範囲内でしか借入はできません。
他社からすでにいくらか借りてる場合は、
融資額は当然その合計範囲内に留められます。

あまりにたくさんの業者から借りいれがある場合も、
審査を落とされる可能性があります。

過去に自己破産を行っていたりすると、
絶対審査には通りません。

過去に銀行や消費者金融で返済の遅れがあったりする場合も、
問題になってきます。
たった一度の滞納でも審査に響くし、
何度も滞納を繰り返しているような人は、
借入は絶望的です。


応対の仕方がマズイ

意外と見落とされがちなのが、
業者スタッフへの対応の仕方です。

最近はネットで申し込みが完結できるところも増えていますが、
大きな金額を借りるときや、
店頭で申し込むときや無人機での契約のときなどは、
身なりや態度を見られます。

態度が横柄なら当然審査に響きます。
服装もおろそかに出来ません。
汚いジャージで店頭に出向いたりしたら印象はかなり悪いです。

無人機の契約でも油断は出来ません。
カメラが付いているのでこちらの様子は相手に丸見えです。
中でタバコを吸ったり椅子にふんぞり返っていたりすると、
それだけで審査に落ちることもあります。

普通にしていれば態度で落とされることはないのです。
契約の行くときぐらいは服装を正して、
良識のある応対を行いましょう。

あきらめないことも大事

審査に落ちてしまうとショックではありますが、
別の業者ならすんなり通ることもあります。

1度落ちたからとおきらめる必要はありません。
借り先のグレードを落とせば意外と通ったりするものです。

銀行のカードローンがダメだったなら、
大手消費者金融に頼んでみる。

大手で落ちたなら中小の消費者金融に行ってみる。

何件も回るとそれはそれで信用情報に傷がついてしまいますが、
2回~3回なら問題ありません。

このページの先頭へ